日本の食文化「米」に想いを繋ぐ
日本の食文化「米」に想いを繋ぐ

 

 

茅野市宮川で大正9年創業

地元の食文化を繋いできた三代続く米屋

入倉米穀 三代目店主 入倉一郎さん

 

 

地元の移り変わる時代と共に生きるお米屋さん。

初代から二代目、三代目と、どの様に変わっていったのか…。

 

 

この宮川商店街はカンテンでとても栄えていた街。

その時代から代が変わる毎に店主の想いを引継ぎながら

初代、二代目から更に発展させた三代目。

現在、

地元[茅野・原・富士見]の学校給食のお米、

地元スーパー各店舗への卸、

こだわりある地元の米屋として、

実は、この地を担ったお米屋さん。

スーパーで米袋の裏を見ればもしかしたら入倉米穀さんなんてことも…

 

三代目の強い想い…

これは、《身土不二》にも繋がる。

地元の物を食すと身体に良い。

地元の物をコストをかけずに食す。

Co2削減にも繋がるという。

 

 

知らずにいた事を沢山お聞きして驚きました。

 

まず、学校給食では

茅野市は茅野の米

原村は原の米

富士見町は富士見の米

地産のお米を子供達が食べているということ。

 

 

そして、

長野県は晴天率も高い。

その為、湿気が少なく米が病気にかかりにくい上、

害虫もつきにくい。

農薬(殺虫・殺菌・除草剤)が少なくて済む、とても恵まれた環境。

「そんな安心安全である地元の米をたくさんの方に食べて欲しい。」

と、入倉社長。

さらに、

湿気の多い隣県では農薬が倍。

長野の土壌はとても良い。

そして低農薬で済む。

県毎の農薬の基準値、長野県は隣県の約半分。

全く知りませんでした。

 

昔は他県のブランド米も扱っていたそうですが、

今は、大半が長野県産のお米ということです。

 

 

そして、長野県産のお米にはそれぞれ物語があるそう。

地元、米沢米は殿様に献上していた…

蓼科山から水路を築いて水田を作った市川五郎兵衛…など。

そんなお話をお聞きするのも愉しい。

 

 

「某総合スーパーでは何でも揃う。

お肉も野菜も、電化製品も、日用雑貨も。

でも、例えば肉の専門店で買った方が希望の肉が買えて、

スーパーで買うより実は安い。」という。

「お米も同じで、米屋で買った方が

[工場直売]安いに決まっている。」

…納得でした。

 

 

しかも、好みを相談できる利点もある。

柔らかいお米が好みとか、かためが好きとか。

入倉米穀さんには、お米マイスターもいる。

お米談義に花が咲くことも。

是非、主婦の方やママ達に知って欲しいお話ばかりでした。

 

 

お米にもランクがあるそうです。

「最高級の特Aである飯山や佐久、

そして南信地域があり、米の粒ひとつひとつがしっかりしている。

美味しいお米は、ちょっと炊き方間違っていても美味しい。」

 

入倉社長の最後の晩餐は

特Aの塩おにぎりで人生を締めくくりたいと。

 

 

それほどまで美味しいという特A…

その特A8割とミルキークイーン2割のブレンド

1番人気のオリジナル商品

【鉄人のわがまま仕立て】

 

 

名だたる有名ホテルの料理長達を唸らせたお米

毎日食す物だからこそ

幸せな喜びを感じたいですね。

 

改めて日本の食文化「米」の奥深さを感じました。

想いのある店主。

その店主入倉社長自ら足を運び、直接農家と繫がる。

作り手がわかっているので安心・安全なお米は提供出来る。

 

想いの詰まったお米を私達が毎日食し、

その想いを知らずとも子供達が毎日お米を食す。

そんな毎日の繰り返しが想いを繋ぐ事なのかもしれません。

 

 

地元を愛する入倉米穀さんの食文化を繋ぐ想い。

そんな想いを知り、とても喜びに感じました。

 

美味しいお米を毎日食す

笑顔が増える

そんな未来が描けますね。

 

少しだけこだわりのある毎日を過ごしてみてはいかがでしょうか?